品質へのこだわり

品質へのこだわりのキービジュアル

製版

一点物・一貫体制ならではの柔軟さ

製版のイメージ

複数の印刷物を1つの版に集約して印刷することも多い昨今ですが、私たちは「1つの印刷物は1つの版」にこだわります。なぜなら、印刷物には1つとして同じものがないから。“専用”の版だからこそ、色の出し方や紙との相性など多数の要因を満たした、最高の印刷物をつくり出すことができます。また、それらの要因と深く関わり合う印刷や仕上げ工程が社内にあり、密接に連絡を取りながらベストな版づくりができるのは、一貫体制で印刷に取り組む当社ならではの強みです。

印刷

飽くなき“色”への探究心

印刷のイメージ

ロゴマークなど、企業の“顔”とも言える印刷物には厳しい色の管理が行われています。いっぽうで、気温や湿度などによって、インクと紙の状態は必ずしも一定ではありません。それらの要因を把握し、定められた色を再現するには熟練の技が不可欠です。インクの調合や印刷機の調整など、蓄積されたノウハウとより良い印刷を追い求める探究心、そして、「必ずお客様の要望に応えてみせる」というプロのプレスマンとしての誇りが、他社ではまねできない高度な色の管理を可能にしています。

いざというときは、印刷を止める

いざというときは、印刷を止めるのイメージ

印刷物が実際に印刷に取り掛かるまでには、誤字脱字や内容の誤りなど、幾重にもチェックが行われています。それらをクリアしたうえで印刷にたどり着くのですが、それでも稀に、印刷段階で「確認すべきでは?」という事柄に出合うことがあります。このとき、私たちは「ためらわずに印刷を止め、お客様に確認する」という共通認識を持っています。確認をして、問題がなければそれで良し。印刷工程が詰まって忙しくなっても、それは私たちの工夫で解消できることです。すべての判断基準は、「お客様にとって役に立つかどうか」なのです。

加工

入念な事前の確認で「いつもどおり」を実現

加工のイメージ

印刷された紙を所定のサイズに断裁したり、冊子として綴じていく加工のプロセス。他の工程以上に、ミスが目に見えやすい工程でもあります。そこで大切になるのが、加工前の確認作業。「いつもこうだから」はタブーです。それぞれの印刷物ごとに、加工内容と印刷の仕上がり具合を必ず確認。「試し加工」を行いながら最適なセッティングを行うことで、「いつもどおり」の高い品質を維持しています。

検品

妥協なきシビアな目で製品を見つめる

検品のイメージ

出荷前の最終工程となる検品。発色、版のズレ、文字のかすれ、断裁のズレなど、多岐にわたる項目を厳しくチェックしていきます。基準に満たないものは、もちろん印刷に差し戻し。幾重にも設定された高いハードルを乗り越えた製品だけが、お客様のもとへと届けられます。